商品一覧

フライヤー

フライヤー

フライヤーを考案して50年以上、給食業界や大手食品工業の業界で実績と信用を築いております。

HECフライヤー(DOBC型)

「第35回(平成26年度)優秀省エネルギー機器 受賞」 ※旧型式:DOC型
(大阪ガス共同開発)
日本機械工業連合会会長賞 受賞 「排熱回収型連続式ガスフライヤー」

直火加熱方式で熱効率74%を達成

これまでは食用油の調理温度が150〜200℃の為、燃焼排ガスの温度は300℃ありました。この燃焼排ガス熱量を熱交換器で燃焼空気の余熱温用に回収する事により、排気温度は100℃以下になりました。従来の滞溜燃焼方式を一段とアップさせた新方式で滞溜時間がより長くなり、加熱効率がさらに高められました。これらの新技術の融合で驚異の熱効率74%を達成する事が出来ました。

輻射熱を抑えて作業環境も充実

ガス式フライヤーの問題点は排気煙道や燃焼排ガスから発生する輻射熱でした、排気熱を100℃以下に抑える事により輻射熱が激減し、作業環境が改善されました。

油循環システムで温度ムラを少なく

ポンプにて油を循環させる事により、投入口での温度降下を無くして、当社提唱の弓状フライング理論の温度曲線を実現しています。直火式特有の温度変化を最小限に抑えて常に安定したフライ状態を作り出します。循環ポンプにはHI-COOK独自新開発の油中ポンプを使用しているのでシール部からの油漏れや異物によるポンプロックがありません。

浮遊カスの除去による油の劣化防止

機械中央部に配置されたポンプにて吸い込まれた油は投入口と出口から供給されます。投入口浮遊カスと出口浮遊カスは油の流れにより中央部に集められカス取り装置で回収されます。これにより油の劣化を防止し、商品へのカスの付着を防止します。

すみずみまで、きれいに、使いやすく

分離可倒方式コンベヤフレームの採用により、コンベヤ内部が簡単に洗浄出来ます。コンベヤのほぼ全体を洗浄水に浸けて浸け置き洗浄が可能です。床が汚れないドライシステム対応です。

安心の使い心地

操作盤はタッチパネルになっており、調理条件は全てデジタル設定が可能です。30品目までの調理条件が登録出来ますので、多品種生産には毎回の調理条件設定が不要になります。動きのあるグラフィック表示で稼働状況も一目で分かります。

 

この製品へのお問い合わせ >
ページ上部へ戻る