商品一覧

フライヤー

フライヤー

フライヤーを考案して50年以上、給食業界や大手食品工業の業界で実績と信用を築いております。

連続式ガスフライヤー(DBC型)

強制燃焼方式で省エネ・高効率を実現

燃焼に必要な空気を送風機で強制的に送り込みきれいに燃焼させる事で、ガスの消費量を抑えつつも、高い燃焼能力を実現します。省エネルギーと高効率、そして環境にも配慮した燃焼方式です。

弓状フライング理論に基づく温度制御

長年の研究により理想的な揚げ温度を確立した当社の独自理論「弓状フライング理論」に基づき、揚げ始め・揚げる途中・揚げ終わりの3箇所の油温を3点制御で管理します。(※DBC-33A型は2点制御で行います。)

搬送・潜行ネットとキャタピラコンベヤで美しい揚げ上がりへ

投入部に特許キャタピラコンベヤを採用しているので竜田揚げ・かき揚げ・天ぷらなどの衣付き商品も美しく揚がります。投入口の油深は3段階に調整が可能です。

キャタピラコンベヤの次は上下2つのネット(食材を運ぶ「搬送ネット」と、食材を油中に抑える役割の「潜行ネット」)で食材を挟み込んで運びます。食材の反転が不要となり、表裏ムラ無く均一に調理が可能となります。また、上下2本のネットの間隔は20〜60mmまで自由に調整できるので、多様な商品に対応します。

自動カス排出装置で油をきれいに保ちます

自動カス排出装置により沈殿カスを連続的に排出し、きれいな油を保つので商品が美味しく揚がります。また、フラットな油槽で張り込み油量を抑えますので新油回転率が高く油の延命に繋がり、廃油の回数を減少させます。

コンベヤの内部洗浄や浸け置き洗浄が可能など、高いサニタリー性を具備しています

コンベヤは全体を一体昇降させたり、潜行コンベヤと搬送コンベヤを分離して昇降できます。全体を洗浄水に浸けて洗浄することもできますし、分離時はコンベヤフレームを折りたたんでネットを弛ませられるのでコンベや内部の洗浄も簡単に行えます。また、洗浄作業は油槽の直上で行えるので床が汚れずドライシステムにも対応します。

フライヤーシステムを構築するオプション機器も充実

油煙を低音でクリーンな排気にする油煙除去装置(OMC型)や油の劣化を抑制する冷却沈殿貯油タンク(STC型)などのオプション機器により、人と環境に優しいフライヤーシステムの構築が可能です。

この製品へのお問い合わせ >
ページ上部へ戻る